青汁について考える

ロゴ
トップページ
<若返りまで期待できる青汁>
健康的な身体を作るために必要とされる野菜の摂取目安は1日350グラム以上ですが、これだけの量を毎日摂り続けることは非常に大変です。そこで野菜不足を補うため老若男女に飲まれている健康食品が青汁です。生の緑葉野菜の搾り汁が青汁で野菜に含まれる栄養素は火を通し調理されたものより生の状態のほうが高いとされている特性を生かして作られています。 青汁は食物繊維をはじめとしてミネラルやビタミンなどの栄養素を多く含んでいます。例えば、近年社会問題としても取り上げられている生活習慣病、これは食生活の乱れや運動不足が原因と言われていますが青汁は生活習慣病の予防にも効果的です。生活習慣病と同じく現代の日本人に多いとされる糖尿病にも青汁は効果的です。また女性に嬉しいアンチエイジング効果や美白効果も期待できます。 野菜不足も補えて病気の予防、若返りまで期待できる青汁、飲んだらすぐに効果は表れるのでしょうか。残念ですが青汁には薬のような即効性はありませんので毎日継続することが効果を実感するためには大切です。青汁が注目された当初は苦くて飲みにくいというイメージがありましたが、最近の青汁は甘みがあって飲みやすいはちみつ入りや後味がサッパリとしたレモン入りなど気分に合わせて味を選ぶことも出来ます。小さいお子さんに飲ませるときは牛乳やフルーツジュースに混ぜてあげると飲みやすくなります。野菜嫌いのお子さんでもきっと美味しいと言って飲んでくれるのではないでしょうか。身体のためには青汁を飲みたいけれど粉末の青汁はどうしても苦手という人には水と一緒に飲むだけのサプリメントの青汁です。いくら身体に良いものでも無理をしては長く飲み続けることは難しいと思いますので、ご自分に合った方法を青汁のススメをみて選ばれることが継続にも繋がると思います。 最後に、身体に良いからと1日に何杯も飲むことはかえって体調を崩す原因になることがありますのでご注意下さい。例えば青汁には腸の働きを活発にする食物繊維が豊富に含まれているので食物繊維の摂り過ぎはお腹をゆるくしてしまいます。また特定の栄養素の過剰摂取を控える必要のある人は青汁を飲むことを勧められない場合や1日の摂取量を制限されることがありますのでかかりつけの医師に相談するのが良いでしょう。身体のために良いと思って飲んでいたはずが逆に体調を崩す結果になっては元も子もありませんので無理せず健康的な身体作りに努めましょう。 http://www.slowdowntown.com/



Copyright(c) 青汁について考える. All right reserved.